popoponnponpopo’s blog

自分が仮想通貨で賭けをしてはいけない理由をまとめたいというか愚痴りたい

今7千円勝って8千円負けた。一応やらかしたので約束通り自傷しました(太ももを拳で数回強く痛めつけるだけ)。これを踏まえて反省をします。

 

 

※ここでの「賭け」とは「衝動に任せた取引」であって「仮想通貨の取引をやること自体」を言ってるわけではないです。僕は仮想通貨の取引を賭け以外の方法論でやります

 

 

まず自分は「自分のやり方でやる」という方法論で今までやってた。その方法論でやれば今のところはほぼ順調にあがっていってる。でもその方法論には穴がある。その方法論以外のことをやりたくなった時にその衝動を抑えるためのことをほとんど考慮してない。

 

だから今自分のやり方ではない単なる賭けをした。最初の賭けの時はある程度チャート的な勝機があって、勝率は5割以上だったと思う。5割以上のことならばしても問題無いと思う。それは今も思う。運よくバズって7千円利確した。

 

でも賭けをすると、勝っても負けても、連続取引をしたくなるという衝動が自分の中から出てくるのに気づいた。もうまともな脳なんか無い状態だから、また連続で賭けた。そしたら大暴落で4000円負けた。でまたなんか脳がおかしくなって賭けてしまい、さらに5000円減らした。

 

それで賭けがいけない理由を思いついた。

 

 

 

自分のやり方(=勝ちセオリー)に「それ以外のことをしない積極的な理由(負けセオリー)」というのがまだあまり構築されていなかったけど、それは絶対必要。自分は欲が出るから脳がおかしな状態だろうと脳がいけと判断したら行ってしまうから、それを止めるセオリーがいる。

 

 

■追加負けセオリー:「賭けをする」

  • 賭けをすると「勝っても負けても」「脳がおかしくなるため」「連続取引をしたくなる」という欲望が自分の中で湧き出し止められなくなる。
  • そして連続取引をする時は1回目に賭けに出たときよりも明らかに思考力が落ちている。よって勝率は基本的に最初の判断よりもかなり下がる確率が高い
  • さらに、チャートの事実として、一度勝った(もっと言えばバズった)後の連続取引は勝率が低い。なぜならもうバズり終わって損切り組、利確組がたまりきってるから。負けた後の連続取引はチャートとして悪くないけど、判断としては悪いため、勝率として見込めるのはプラマイ0の5割くらいで、結局利益の見込みは連続取引には無い。
  • つまり一度賭けをすると連続取引したくなり、そして連続取引は「自分の脳的にも」「チャート的にも」勝率は5割以下になる蓋然性が高い。そしたら「勝ち+負け」「負け+負け」になる確率が圧倒的に高い。今の俺は運がよく「勝ち+負け」になっただけ
  • そもそも賭けの一手目自体、勝率は5割前後しか見込めないと思う(繰り返してもプラマイ0前後に収束するだろう)。自分の中で結果が認められた方法論とは違う、今の買い衝動と勘に任せたものだから。賭けをするグループと俺の方法論をやるグループに分けたら、平均値では俺の方法論をやるグループの方が利率が高いはず

 

今後自分は、今のやり方が駄目にならない限り、賭けをしない確率を上げられた。負けセオリーとして論理化できたものは自分は繰り返さないようになる確率が高い(穴があったらまたやらかしてしまうけど、穴が無いならそのままもうやらかさないことができるようになる)。

 

 

 

「買い直しをしたら自分を身体的に壊す」という強い啓示を自分に課していた。なのに今回やらかした。その穴埋めとしての今回の日記。啓示に書き足す。まだセオリーが自分にとって完全ではない。

 

 

 

 

 

今の負けはショックすぎた。すっごいショックだった。久々にでっかい負けをしたから。本当にショックだった。よってこの日記を最後にもう賭けに出ない。俺のやり方でやる方が最終的に勝つのは俺だ

 

自分は他人が勝ってるアピールするの見るだけで心が焦ってこういう賭けに出やすくなってしまうからもう他人の仮想通貨アカウントはネタアカウントか勝ち負け発表しない完全にキュレーターなアカウントしか見ないようにしたように、ちょっと心が騒ぐだけで賭けに出てしまった。今はbittrexにadaコインが上場して、なんか価格の動きがすごいから賭けに出てしまった。最初の一手でせめてやめられてればわりと勝って勝利だったのに。自分にはそれができなかった。

 

 

今回学習したのは上記。穴があればまた修正する。負けセオリーを定式化することで負けなくすることも意志薄弱で感情的な自分には必要。何事も定式化せずに気分のままにやって一度やらかしてしまう癖がずっとある。本当に悪い癖だ。本当に悪い癖だ。本当に悪い癖だ。本当に悪い癖だ。だけどもう治せない。だけどこうやって失敗した後に学習することは自分はある程度の精度では可能だった。穴があればまたやらかすけど、その場合その穴を埋めようとすることもできる。徐々に穴を減らすことはできる。全部の穴が塞がるわけはないけどそれは仕方がない。自分の能力でやれるだけやるしかないから。それで勝てないと判断したならば撤退するだけ。

 

千円でこれを自分の中でセオリー化できたのは決して運は悪くなかったと考える。というか実際千円マイナスじゃなく500円マイナス。

 

 

 

 

仮想通貨ってどんだけ自分の精神と相性悪いのかな。毎回毎回取り乱しがすごいから、もしいつか数万単位でマイナスしたらどうなってしまうんだろう。

 

まあ良い。セオリーを研磨させるためならばこのくらいの気持ちの動きなんか得だと、理性的には思える。だけど本能的なところがもう暴れてならない。本能という仮想通貨では負けセオリーへのドアを開かないための報酬だった。今回はその扉を厨二的な意味で閉じて心の見えないところにしまう。さようならもうしない。また別の角度からやらかしてしまった時はまた本能とこんにちは。

 

 

自分が見たくないので書かないつもりでしたがたまには(たまにはなのかな、もう今何が何だか頭が分からない)結果を書きます。8万から初めて一時6万7千円とかいって、そこでもう何もかも嫌になって今のセオリーの原型に切り替え、そっから本当に辛い時代あったけど、今15万9千円になってます。ただし下落したら13万くらいまでは平気で落ちうるので利益は大体5万~8万の間のどっかです。

一応そんくらい稼げてるんだからこんなに仮想通貨キチみたいに日記連投する気持ちもわかってほしい。とにかくリアルにお金が増えてありがたいんです。「仮想通貨と書いておけばアクセス数増えるだろ」ってわけじゃなく普通に僕は仮想通貨キチなんです。毎朝起きたらチャート見て学んでますしいつでも取引できるように

3千万目指してるのですがもし3千万になったら関わってくれた方に1万円のアマゾンギフトカードで配ろうと思う。学生時代に遊んだ完全にお世話になるという表現が適しまくってるくらいの人二人には100万ずつくらい渡したいってほんと妄想してる。

でも今の方法論だと元金が500万くらい行ったら通用しなくなるかなぁ。

ほんとはもう気持ち的には千円ずつ配りたいのですが元金が多いほど利益もでかいので今はまだ配れません。元金が余裕できてからやっと配る。というか3千万行かないな。うーん。でも100万はたぶんいける気がしてる。本当はそれでも全然少ないけど。

 

元金が500万とか行ったら分散投資に切り替えるかな。

 

 

 

 

 

 

って書いた30分後に1万5千円以上負けました

もう何も言うことない